ぶらり骨董の旅

専門性の高い業者を探して査定をしてもらう

自動車を売却したいとき、自動車の買取店に査定を依頼するでしょう。古本なら古本店に査定をしてもらいます。一応自動車ならガソリンスタンドで査定をしてもらえますし、古本は一般のリサイクルショップでも査定は可能です。でもそれぞれ専門性が低くなるため、正しく査定してもらえているかわかりにくいです。骨董品の買取をしてもらうとき、いかに専門性の高い業者を探して査定をしてもらうかが大事になります。骨董品と言っても分野が非常に広く、まず物による違いがあります。さらに日本の物か中国の物か、その他の国の物かがあります。時代によっても異なり、それぞれを専門にしている人がいます。茶器であれば一応茶器を扱っているところで一定の鑑定をしてもらえます。でも江戸時代の日本製の茶器に強い業者は中国製にはあまり強くない可能性があります。また江戸時代より前や後になると正確な査定をしてもらえないときがあります。それぞれぴったり合った業者を見つけられれば、実情に近い査定をしてもらえるでしょう。